裏文字で書く

印鑑イメージ

はんこの文字面を見るとき、上下左右がよくわからない事も多いと思います。
それは文字が鏡文字になっている事も原因の一つではないかと思います。

子供の頃遊びで消しゴムを彫ったりした経験は誰にでもあると思いますが、まず下文字を書く段階で裏文字で書くことが難しかった気がしませんか?

しかし、文字を覚えたての子供の頃には「あ」、「ち」、「し」、「す」、「と」、「も」、「さ」、「を」等のひらがなで左右の向きを反転して書いていた事は良くある事です。

漢字の左右対称形について考えてみると日本語はもともと縦書き文化であるので、姓名が例えば「中田一夫」さんや「大林朋美」さんなどは上から下まで左右対称形といえます。

他にも「高山」、「北川」、「金本」など左右対称形の苗字は意外と多く、これならはんこ屋さんも彫る労力が少しは楽になるのかなと思ったりします。

はんこ文字の書体には、隷書、草書、行書、楷書といろんな書体がありますが、基になっているのは篆書だそうです。
書家の作品にも篆書で彫られた雅印を最後に押す事で、その作品に命が吹き込まれるそうです。
近頃は篆刻そのものが人気上昇中だそうで、専門雑誌も発行され、入門書、技法書などの出版も盛んで、自ら雅印などを彫る人もふえているようです。

正式な印鑑として登録できるのかどうかは、定かではありませんが、認印、三文判として使う分には自分オリジナルのはんこがあっても良いのではないでしょうか。
朱肉をつけるとそれらは一段と輝いて見えるでしょう。

ページの先頭へ